セラピー犬とは、医療現場や福祉施設で患者と触れ合い、ストレスを軽減し、それにより症状を軽くしたり、快方に向かう効果を期待され活躍する犬のことです。

 

ボランティアでセラピー犬を育て活動している人もいます。
入院で不安に苛まれている患者と触れ合うことで、不安を和らげることもあり、癒しを与えているようです。

 

病院で飼育されている犬もいますが、経費などの事情から導入することに慎重な意見も多く数はまだまだ少ないです。

 

動物愛護施設に保護されていた過去を持つ犬も多いようです。
セラピー犬になるための適性として、基本的なしつけがしっかりとされていることと、やはり人と触れ合うことに喜びを感じる犬でないと務まりません。

 

犬と触れ合うことで症状が軽くなったりすることも分かっていて精神的なケアをするには適している存在といえると思います。

 

治療としてはまだまだ発展途上です。
取り組みにばらつきがあるのも仕方ないことです。

 

セラピーとしては他にも馬やイルカなどの哺乳類との交流を通して他者を信じることができるようになるといいます。

 

動物と触れ合うことで情緒が安定し、生活の質の改善にも繋がる可能性があると期待されています。

更新履歴